「幸せのなり方には、その道に行かない、という方法もあるんだよ」

人間、生きてると、いろんなことがあるよね。楽しいことばか

りじゃなくて嫌なこともある。

 

だけど私はこういうの。

「あなたに乗り越えられない壁はないよ」って。

 

これはどういうことかというと、たとえば、今、自分の目の前

に立ちはだかる壁がある。

そのとき、この壁をよじのぼろうとする人がいる。壁を壊そう

とする人もいる。

 

だけど、壁の越え方って、壁には一切触れず「横に曲がる」と

いう手段もあるし、「穴を掘って下に行く」ということもでき

るんだよね。

 

だから、私がいう「あなたに乗り越えられる」というのは、壁

が出てきたらよじのぼりなさい、壁を壊しなさい、といってい

るわけではないの。

 

落ち着いて周りを見てみたら、壁の横に入り口があるかもしれ

ない。穴を堀るといいかもわかんない。梯子をかけたら越えら

れるかもわかんない。

 

壁を越える方法はいくつもあるのだから、まずは自分が考え付

く方法を全部出してごらん、ということなの。

そして、自分が考えついた方法でもって、その壁を乗り越える

ことがどうしてもできないのだとしたら、それは「越えるべき

壁」ではないの。

 

そのときは、横道に行ったり、すればいいんだよ。

「越えるべきでなない壁」を何とか征服しよう、よじのぼろう

とするのをやめるの。その道は、行ってはいけない道なんだ

よ。

 

あのね、しあわせのなり方には「その道に行かない」をいう方

法もあるの。

道を歩いてきたら、そこに壁があって、どうしても越えられな

い壁なんだとしたら、「そちらに行ってはなりません」と神さ

まが教えてくれているんだよ。横に行くか、後ろに戻りなさい

といっているの。

 

人間はね、みな、神さまの子供なの。あなたもそうなんだよ。 親は、わが子を見捨てたりはしないの。

だから、「神はわれを絶対に見捨てるわけがない」って。 

壁が出てきたのは「そっちに行っちゃいけない」という、神の

愛なんだ。

 

そう思ったときから、人はいろんなものが見えてくる。

もっと楽しく生きられるんだよ。

                                斉藤 一人


上記についてアドバイスを希望していませんか?
まずはワンコイン相談にてお気軽にご相談下さい。