神社・仏閣

ほとんどの人は神社仏閣に行くと、神に向かい、

「〇〇してください」とお祈り(お願い)をしています。

「祈り」とは、本来、神の「意(い)」「宣(のり)」と書き

ました。

 

「神の意を寿(ことほ)ぐこと=神の意を祝福すること」。

つまり

「あなたの仰せに従います。あなたの望むように生きていきま

す」というのが、本来の「祈り」の意味でした。

 

「願い」とは、もともとの意味が「ねぎらい」からきていま

す。「ねぎらい」とは、「いつもありがとうございます」とお

礼を言うことです。

つまり、「祈り」と「願い」は「ありがとう」ということでし

た。

 

神社・仏閣は、要求やお願いごとをするところではなく、本来

「感謝」をするところではなく、本来「感謝」をするところな

のです。

 

すべての減少は、神の承諾のもとに起きています。その減少に

対して「〇〇してください」とお願いしたとしましょう。

 

それは、神が与えてくれた今の現象が気に入らないということ

であり、神に対して、不平不満を言っていることになります。

 

                                 小林 正観


上記についてアドバイスを希望していませんか?
まずはワンコイン相談にてお気軽にご相談下さい。