「ん」の不思議

アメリカの大統領で、ワシントンという人がいました。リンカーン、それからクリントン。庶民に人気のあった大統領です。


 

俳優でいうと、ジャン・ギャバン、アラン・ドロン、チャールズ・ブロンソン、ジャッキー・チェン、ペ・ヨンジュン、スティーブ・マックイーン。
歌手でいうと、イブ・モンタン、シルバー・バルタンなど。


日本人でいうと、、良寛和尚という、庶民に大変人気のあった僧侶がいました。
さらに曹洞宗の開祖である道元、浄土宗の開祖である法然、浄土真宗の開祖である親鸞。
今挙げた名前には、いずれも語尾に「ん(ン)」の字がついています。
語尾に「ん」の字がついている吉田松陰も松下村塾で多くの塾生を育て、それが明治維新の原動力になりました。


「ん」の字が終わりについている人は、なぜか庶民に人気を博し、多くの庶民的な支持を得られるようなのです。


例えば、「暴れん坊将軍」で主演している松平健さんなども、名前の後ろが「ん」の字になっています。


名前に「ん」の字を最後に持っている人というのは、どうも庶民的な人気を得られる、というような宇宙の法則が感じられます。

 

        

                   小林正観