「コーヒーの効果で毎日健やか」

コーヒーにはシミ予防やメタボ改善に効果があります。
また抗炎症や鎮痛作用もあります。

 

①紫外線によるシミを防ぎ、アンチエイジング
「効果を期待できる成分はポリフェノール 1杯に200~300mg」
コーヒーの有効成分はクロロゲン酸類というポリフェノールの一種。
飲むと30分から1時間ほどで体内の抗酸化力を高める。

非喫煙女性131名(30~60歳)を調査したところ、
コーヒーを1日2杯以上飲む人は紫外線シミが少ないことがわかった。

 

②脂肪燃焼パワーを高める
「効果を期待できる成分はカフェイン 1杯に約100mg」
ラットの実験で、カフェインを投与して運動を加えると、
脂肪燃焼パワーが高まることがわかった。
カフェインをとると1時間後には脂肪が燃えやすい状態になる。

以下、ラットの実験より
カフェインを投与せず運動もなし
 →体重6%増、内臓脂肪8%増、皮下脂肪6%増
カフェインを投与
 →体重18%減、内臓脂肪37%減、皮下脂肪41%減
カフェイン投与と運動
 →体重24%減、内臓脂肪60%減、皮下脂肪46%減
肥満・糖尿病モデルのラットを、条件を分けて5週間飼育。
カフェインと運動を併用すると、体重と脂肪の減少効果が最も大きくなった。

 

③病気の予防・改善にも役立つカフェイン(研究段階を含む)
・血管収縮作用・・・・片頭痛の予兆の段階で飲むと、痛みの緩和に
・鎮痛補助作用・・・・総合感冒薬に用いられる
・炎症を抑える作用・・C型肝炎の抑制
・脳神経保護作用・・・アルツハイマー病予防

ただし、飲み過ぎは避けて下さい!

 

          2012年10月6日 日本経済新聞より