駐車違反の交通反則金の会計処理

従業員が社用車で業務中、駐車違反によって
レッカー移動をされてしまった場合、会社業務によっておきたことなので違反金を会社が負担することもあるのではないでしょうか。


法人が負担する罰金は違反行為に対する制裁的な意味合いのものであるので税務上は損金の額に算入することは認められません。


しかし、レッカー代や保管料をいった交通違反に伴う実費の部分は
損金不算入となる罰金には含まれないので、損金経理ができます。

ただし、あくまでも業務に関連した違反の場合に限られますので、
業務外の違反金を会社が負担した場合は給与課税となります。