低体温は”万病の元” 目指せ、体温36.8℃!

 

みなさんは、自分の平熱を知っていますか?

医学的には、健康な人の体温は平均36.5℃

といわれています。

 

女性の場合は、ホルモンバランスの関係で

36.8℃以上が健康の目安です。

 

しかし最近では常に35℃台という「低体温」の人が増えています。

”ほんの少し低いだけでは?”と思ったら大間違い!!

体温が1度下がることで基礎代謝は12%低下し、

免疫力は40%も低下します。

35℃まで下がるとガン細胞が最も増殖しやすくなるのです。

 

ところで、低体温と血液の循環には密接な関わりがあります。

血管が収縮して血行が悪くなると必要な栄養素がカラダ中に

行き渡らないので、内臓の温度が上がりにくく、

ウイルスへの抵抗力も弱まり、風邪やさまざまな病気を

引き起こしやすくなります。

 

さらに、体内の活性酸素を増やして老化を速めたり、

肩凝りや頭痛、腰痛、生理痛、不眠の症状をもたらすなど、

低体温は”美容の大敵”どころか”万病の元”なのです。

 

低体温の改善には血液の流れをよくすることが重要です。

 

7  上記についてアドバイスを希望していませんか?

 

  まずはワンコイン相談にてお気軽にご相談下さい。