~年齢を重ねるにつれて増加する便秘の悩み~

食事量の減少や筋肉の衰え、自律神経の乱れが原因
男性の便秘は50代から増え始め、75歳以降では男女はほぼ同数になり、
高齢になると便秘は男女共通の悩みになるようです。

 

(原因)
①筋力が弱る  ②食事量が減る   ③水分摂取量の減少 
④運動不足   ⑤便秘になりやすい病気や薬がある

 

(便秘の種類)
・弛緩性便秘・・・ ・・・筋力の低下などによって、

 腸の動きが鈍くなりおこる
・けいれん性便秘・・・ストレスなどにより腸が過剰に反応する。

 (便秘を改善する食生活)

 

≪弛緩性便秘の場合≫
①水分をたっぷりとる
 朝起きたら、すぐに水を飲む習慣をつけましょう。
   水や牛乳は胃腸を刺激し排便を促す効果があります。
②食物繊維を積極的に
 不溶性食物繊維

 (イモ類・ゴボウ・タケノコ・豆類・キノコ類・切干大根など)
  腸の働きを促して便通を良くします。
 水溶性食物繊維(アボカド・キウイ・海藻類など)は整腸作用
   があるので、毎日摂るようにしましょう!
③酢の物や脂質を上手に活用
 酸味は大腸を刺激するので、

 酢の物や柑橘類を積極的に摂りましょう!
 適度な脂質は便のすべりをよくしたり、腸を刺激するので油を使った

 料理もおすすめです。香辛料も腸を刺激するのに有効です。
④3食きちんと食べる
 食事の量が少なくなると便も少なくなり、

 便秘になりやすくなる為3食きちんと食べる習慣をつけましょう。

 

≪けいれん性便秘の場合≫
①刺激物や脂質は控える
 腸の緊張を抑えることが必要なので、刺激の強い食品 (香辛料・
    酸味の強いもの・揚げ物など脂質の多いもの・アルコール・

  コー ヒーなど) は避けましょう。
②不溶性食物繊維を摂り過ぎない
    不溶性食物繊維は控え、水溶性食物繊維は腸への刺激が少ないの

  で、海藻類やオクラ、リンゴなどの果物を摂取しましょう。