手のふるえ ~過度な不安は不要です

ふるえの症状がでる主な病気や原因と特徴

本能性振戦

ふるえはある動作や姿勢をとると目立つ。

中高年に多いが、若いときからふるえを自覚することもある

パーキンソン病

安静時に強いふるえがある。

薬でドーパミンを補えば、進行を遅らせることができる

甲状腺機能

亢進症

甲状腺ホルモンが異常に増え、体重が減ったり、脈拍が速くなったりする
ジストニア 筋肉が過度に緊張する。字を書こうとすると硬直してしまう
薬の副作用 ぜんそく治療薬など交感神経に作用する薬ででることも。服用をやめればおさまる
 

 

本能性振戦といわれるふるえの特徴は以下の通りです

 

手のふるえといっても、原因はさまざまです。

本能性振戦は、加齢に伴う現象が多いようです。

ふるえチェックを行い、

原因を見極めて、上手に付き合いましょう。

 

過度な不安は不要です。

 

 


上記についてアドバイスを希望していませんか?
まずはワンコイン相談にてお気軽にご相談下さい。