湯あがりのビールは要注意!?

 

湯あがり直後にグラスまで冷やした生ビールを

体内に流し込むという”非科学的”な習慣を

60歳をすぎても平気で続けている皆さん、

注意してくださいね。

 

男性のガンは60歳前後から急増します!

 

いきなりガンができるはずもないので、おそらく60歳前は検診時に大腸にポリープ程度のものができていたかもしれません。

小さいポリープは簡単に除去できるので、本人は気にもしていなかったかもしれません。

 

肩、背中、腰の3つが同時にこっていて、どうにかしてほしい!

そんな体調の方で、冷たいものが好き。

毎日のように冷えたビールを飲んでいる。

これは危険な状態です。

 

ダイエットでも冷蔵庫の冷たい水は避けるようにというのが鉄則です。

痩せるためにカロリーの低いビールがあるそうですが、

その意味がさっぱりわかりません。

そんなものより、常温でおいしいビールを開発すべきです。

 

”食は命なり。栄養のバランスが大切”とばかり、

高価な健康食品をたっぷり食べている人も、

案外と冷蔵庫の中の冷たいものが大好きです。

”体を暖めれば病気は治る”という声も、ビール会社のコマーシャルの前ではかき消されています。

冬でもビールのコマーシャルが流れるのには驚きです。

 

政治家の方からみたら、経済の活性化のためビールやカキ氷、

冷たい食品の会社の税金を重点的に安くして、冬でもしっかり売ってもらうようにします。

すると医療関係(検査、薬)や温泉が儲かります。

医療費が高くなれば、消費税を上げる説得材料にもなります。

 

 

 

冬は冷え症の方にはツライ季節です。ヨモギはいかがでしょうか?

【ヨモギ(タバコ風)】

 

薬草の本によると、ヨモギの薬効について次のように書かれています。

”血液をサラサラにします。したがって高血圧やそこにとどまっている古血を浄血して、温かい元気な血液にすることで、神経痛、リウマチ、むち打ち症などの体の痛みを改善します。

ぜんそく、せき止め、胃が冷やっとするときや、吐き気止めにも効果があります。

肩こり、腰痛、貧血、冷え症にも。

漢方では婦人科の出血、たとえば流産したとき、産後の肥立ちが悪いとき、更年期前の生理不順など、子宮の止血にも使われているそうです。

 

タバコ風ヨモギは最上の薬用ヨモギを厳選し、5年間熟成させて薬効が高いものを100%使用しています。

数々ホームページがありますので、検索してみてください。

1箱は普通のタバコと同じ値段ですが、3カートンだと9,900円で購入できるようです。

 

禁煙したい方、健康のため新たに吸いたい方、よもぎ蒸しをしたい方は、ぜひおためしを・・・