米に糖尿病予防効果が・・・

何をたくさん食べるかで、特定の病気にかかりにくくなることはあるのでしょうか?

日本人が長く主食としてきた米に糖尿病を防ぐ効果があることが最近の研究で分かってきました。

「ぬか」成分に秘訣があるそうです。

 

玄米をついたときにでるぬかは、米の外皮や芽のもとになる胚が砕けた粉ですが、ビタミンなどを多く含んでいます。ぬか漬けの床をこねて手がスベスベになった経験はありませんか?

米ぬかにはアレルギーや炎症を抑えたり、糖尿病を予防する働きがあることも動物実験で裏づけられています。

米ぬかに多く含まれる脂質の一種「ガンマオリザノール」に注目。マウスに与えると、免疫物質とくっついてアトピー性皮膚炎を防いだり、糖や脂肪の分解を促す「アディポネクチン」というたんぱく質の分泌を強めて糖尿病を予防することが分かりました。

この成果を、日本人によく見られる遺伝子タイプと関連づけ、「近年の米離れが糖尿病や肥満の増加に拍車を掛けているのではないか」と推測することができます。

日本人はアディポネクチンをつくる遺伝子に欠陥をもつ比率が高く、もともと糖尿病になりやすいとされていました。

長年、米を主食とすることでアディポネクチンの不足を補い、遺伝子の欠陥がそのまま受け継がれてきました。この体質は変わらないのに米を食べる量が減ったので、糖尿病になりやすくなったといえます。

 

ぬか成分は玄米食でも取れますが、

より多く含まれるのは米ぬか油です。

米ぬか油はかつて食用油としておなじみでしたが、1968年の「カネミ油症事件」により需要が一気にしぼみ、食用油は大豆油や菜種油などに取って代わられました。米油自体には何の問題は無かったのに、イメージが回復しないのです。

 

米の消費が減っているとはいえ、日本では毎年約100万㌧の米ぬか生産量があります。そのうち50万㌧は業務用の油などに使われ、残り50万㌧は廃棄物としてそのまま捨てられているのです。

米ぬか油が復権すれば、糖尿病の予防と資源の有効利用の一石二鳥になるのです。

 

7  上記についてアドバイスを希望していませんか?

 

  まずはワンコイン相談にてお気軽にご相談下さい。