夏の過ごし方・・・大切なのは「冷え取り」です

 暑い時期は、体が冷えてないと思いがちですが、夏バテや食

 あたり、夏風邪などのすべての病気は「冷え」が原因なので

 す。

 

◆靴下をはく、枚数は減らさない◆

  暑さが強ければ強いほど、頭などの上半身が暑くなり、下

  半身との温度差は大きくなります。これに伴い身体の上下

  で血液の流れに違いが出てきます。特に下半身は血行が悪

  くなり、内臓の働きを低下させるのです。

 

頭寒足熱~足もとを温かくし、上半身は涼しくする

 全体のバランスをとっていくと身体の機能は正常に働くよう

 になり、自然治癒力も高まってきます。ですから靴下は真冬

 と同じようにたくさんはいて下さい。足がほてったり、だる

 いときは足もとがとても冷えている時です。こういうときは

 靴下をはくのも辛いと思いますが、できるだけ努力してくだ

 さい。

 

 

◆半身浴を十分に◆

 普通に暮らしていても溜まるストレスに加えて、暑さそのも

 のもストレスになります。できるだけ長い時間、半身浴を行

 って十分にを出すようにしてください。

 

汗には気をつけて~たくさん出れば良いわけではありません 

 お湯の温度が高い場合にでる汗は、体温を下げるためのもの

で身体には負担になります。汗が出すぎて長時間入ってられな

い場合は、お湯の温度が高すぎることが考えられますので、確認してみてください。 病気のときや、冷えが強いときは長時間入浴しても、汗が出ないこともありますが、気にすることはありません。

 38℃~39℃くらいの、「気持ちの良いぬるめ」で、半身浴は2時間を目標に行うようにしてください。

 

 

◆果物・生野菜はひかえる◆

 夏に育つ野菜や果物は、暑さに負けないように自分で熱を逃

 がす力を持っていますので、生で食べると身体は冷えすぎて

 しまいます。

 

野菜は火を通して~果物も控えめに

 生野菜は漬物にしたり、果物は塩をほんの少しつけて食べる

 と冷えが緩和されます。

 

 

◆伝染病・虫さされ、ケガは毒出し◆

 山や海で、蚊・ハチ・ムカデ・クラゲに刺されたり、ケガをすることがあると思いますが、これらは毒出しです。内臓のツボのあるところが刺されやすいのです。また、夏に流行する細菌やウィルスによる伝染病も毒出しです。

 

毒が出てしまえば、楽になります

 場合によっては、病院に行くこともあると思いますが、冷え

 取りをしっかり行えば経過は良くなります。

 

 

◆甘いもの・冷たいもの は要注意◆

 アイスクリームやジュースは摂りすぎないように気をつけて

 ください。

 

のどが渇いたら、麦茶や緑茶

 冷やして飲んでもいいですが、胃腸の弱い方や、体調の悪い

 時は温かい方がいいです。また、水分補給のためと思って、

 常に飲み続けたり、ガブ飲みも良くないです。

 

 

◆部屋の空気はかき混ぜて◆

 冷房などで足もとは冷えていますので、扇風機などで部屋の

 空気を循環させましょう。

 

 

 

 


上記についてアドバイスを希望していませんか?
まずはワンコイン相談にてお気軽にご相談下さい。