お風呂でスッキリ爽快

 暑い夏、お風呂で汗をかくのを 嫌がって「シャワーで済ませる」人が多いかもしれません。しかし、冷房の効いた部屋に長い時間いると体温調節機能が衰えたり、新陳代謝が悪くなり、「冷房病」の心配も出てきます。

 

 体がだるい、食欲がない、よく眠れない

 といった症状は危険信号です。夏バテ解消、冷え性防止のためにも、ぜひ、お風呂に入りましょう。入浴には血行を良くし、新陳代謝を活発にしたり、安眠を促したりする効果があります。 とは言え、暑い日に熱い湯船につかるのは億劫なところ。せっかくの入浴タイムですから、できるだけ快適に過ごしたいものです。そんのときは、入浴剤を使うのも一つのアイデアです。

 温泉系の入浴剤で 血行を促進する、ハーブ系の入浴剤でリラックス効果を高める、といった工夫をするとよいでしょう。メントール系のものなら、入浴後も清涼感が得られます。

 

 

 夏の入浴で注意したいことは、

 水分を十分にとることです。入浴前にコップ1杯程度の水を飲むと良いでしょう。入浴後、汗をたくさんかいた体を放っておくと、脱水症状を起こす危険もあります。

 

 風呂上がりにキリっと冷えたビールは美味しいですが、アルコールは体内で分解される際に水分を失うため、程々にしておきましょう。また、塩分・ミネラルが配合されたスポーツドリンクも、吸収された塩分が血圧上昇の原因になるので注意が必要です。

 

 風呂場での熱中症にも注意が必要です。

歳を重ねると、体温調整が次第に衰え、入浴中に熱中症を発症することもあります。よって、熱めの湯ではなく、38~40℃程度のぬるめの湯加減にすると良いでしょう。室温の高い夏は上半身が冷えるということもさほどありませんので、心臓に負担のかからない半身浴もおすすめです。

 

 

 

 


上記についてアドバイスを希望していませんか?
まずはワンコイン相談にてお気軽にご相談下さい。