温度変化に対応できる体質作りをしましょう!

   ぐっすり眠ろう

  

 眠る前にはリラックスタイムを

 読書をしたり、音楽を聴いたり、入浴したり、あるいは何もしないでボーっとしているのも、眠気の有効な誘い水になります。

 

 寝室の温度&湿度管理をしっかりと

 室温は25℃前後、湿度は50~60%が目安。冷房が苦手な人は、扇風機を壁や天井に向け、弱風で空気を循環させると、熱がこもりにくく快適です。

 

 朝日とシャワーで目覚めをスッキリ

 日光により脳の体内時計がリセット。14~16時間後に自然に眠くなります。また、シャワーで交換神経の動きを活性化すると、体がスッキリ目覚めます。

 

 

 

   いい汗をかこう

 

 水分補給はこまめに早めに

 水分は、渇きを感じる前にこまめに摂りましょう。水で十分ですが、汗で失われるミネラル分なども補える麦茶などもおすすめです。

 

 継続できる軽めの運動習慣を

 軽めのウォーキングやストレッチなど、無理なくできる運動を続けることが大切です。屋外で行う場合は炎天下を避け、早朝や夕方など涼しい時間帯に。

 

  夜はぬるめのお風呂で汗をかける体に

 40℃以下のお湯にゆっくりつかると副交感神経が優位になり、機能が低下した汗腺の働きをリセットできます。また、心身もリラックスしてきます。

 

 

よく動き、よく眠る。メリハリのある生活が自立神経を整えるカギ!


上記についてアドバイスを希望していませんか?
まずはワンコイン相談にてお気軽にご相談下さい。


上記についてアドバイスを希望していませんか?
まずはワンコイン相談にてお気軽にご相談下さい。