のむ前にトマト

年末年始になると、「呑む前に飲む!」というドリンク剤や、ウコンやしじみなどのサプリメントのCMが頻繁に見られるようになります。また、アルコールを摂取する前に牛乳を飲んでおくとよいという事も聞かれます。

 

 アサヒグループホールディングス㈱とカゴメ㈱の共同研究によると、お酒を飲むときにトマトジュースを一緒に飲むと、血中のアルコール濃度が3割低下し体内からのアルコール消失も50分早まるそうです。

 

 具体的には、焼酎甲類ストレート100mlとトマトジュース3缶約480mlを実験協力者に同時に飲んでもらったところ、飲んでから3時間後までの血中アルコール濃度の推移曲線が、トマトジュースを飲んでいないときに比べて3割ほど低下し、計算上は、体内にとどまるアルコール量も約3割減少したそうです。

 

さらに体内からのアルコール消失に、トマトジュースを飲んでいない場合は5時間を要したのに対し、トマトジュースを飲んだ場合には4.2時間と、約50分早まったということです。

 

 お酒と一緒にトマトを食すと酔いの回りが遅くなったり酔い覚めが早くなる可能性があります。みなさんもウコンなどを飲み忘れたときなどは試してみてはいかがでしょうか。レッドアイ(トマトジュースをビールで割ったもの)を飲んでもいいかもしれませんね。

 

 

       BMSインフォメーション2012.Vol137引用