帯状疱疹 早めに治療

寒くなり、体の免疫力が落ちるこの時期は高齢者を中心に帯状疱疹(ほうしん)に気をつけましょう。

 

長年、眠っていた水ぼうそうのウイルスが再び悪さをし、体の左右どちらかに痛みを伴ってたくさんの赤いぶつぶつが出てくる。

 

抗ウイルス薬の投与で比較的楽に治りますが、

対応が遅れると痛みだけが長く残ってしまうケースもあります。

 

発症頻度や病態など不明な点もあり、将来のワクチン導入に向け、

専門家による大がかりな調査も進んでいます。

 

オリーブで有名な香川県小豆島で、50歳以上の住民の8割にあたる約1万2500人が参加して、2年前に大規模追跡調査がスタートしました。

 

参加者に対し月1回、「この1カ月、ピリピリ、チクチクした痛みのあるぶつぶつは出ませんでしたか」「周りで水ぼうそうにかかった人はいましたか」などの質問を電話でし、一部には、帯状疱疹に対する免疫の有無や、その程度をみる検査も実施。

 

11月現在、確定診断ベースで発症率が年1.1%で、女性が男性よりも1.39倍発症しやすいことがわかりました。

また、免疫の有無でみた場合、陰性者の発症リスクは陽性者の約5倍でした。

 

免疫力が落ち発症に

この追跡調査の代表者である医薬基盤研究所の山西弘一理事長は「発症率は米国のデータとほぼ同じだった。また、加齢に伴って免疫が落ちてきて、発症しやすくなるようだ」と話します。

 

帯状疱疹は高齢者を中心に年間50万人前後がかかり、

一生のうちに5~7人に1人が発症するともいわれています。

原因は水ぼうそうウイルスで、子どものころに感染し、ほとんどの人が持っています。

 

主に背骨近くにある神経細胞のかたまり(神経節)にじっと潜んでいますが、加齢や病気、過労などで体の免疫力が落ちてくると、再び活動を始めます。

神経節の神経に沿って体の片側で皮膚や神経を攻撃するのです。

 

まず、体の左右どちらか一方に、痛みが出てきます。

ひどい肩こりや腰痛を連想させる、睡眠を妨げるほどの強い痛みであることが多いようです。

 

しばらくすると痛みのある場所に、かゆくない赤いぶつぶつが発生、水ぶくれになって帯状に広がっていく。

たいていの人はこの段階でおかしいなと気づき、皮膚科にいきます。

 

放っておいても発症後1~2週間をピークに、1~2カ月で治ります。

ただ、顔や頭にできると視力障害や顔面神経のまひが残ることもあるため、すぐに医療機関で診てもらうようにしましょう。

原因ウイルスが増えるのを防ぐ抗ウイルス薬を投与して治療します。

大半は内服薬を使いますが、体全身に症状が出るなど重症の人には、入院して点滴をすることになります。

 

 

東海大学の小澤明教授(皮膚科学)は

「高齢化社会の進展とともに、今後も患者数は増えるだろう。

治療法は確立しており心配はいらない。帯状疱疹にかかるのは体が弱っている証拠。風邪をひいたと思ってゆっくりと休息をとるのがよい」とアドバイスしています。

 

まれに皮膚の症状が治まったあとも、帯状疱疹後神経痛といって激しい痛みだけが残る場合があります。

65歳以上の高齢者に多く、痛みが1年以上続くこともあります。

赤いぶつぶつが出た後に72時間以内に抗ウイルス薬で治療をすれば、半年後の帯状疱疹後神経痛の発症率は半減するとの研究報告もあり、こうした後遺症回避の点からも早期の治療が欠かせません。

 

 

アメリカではワクチンを推奨

米国では60歳以上を対象にワクチン接種が推奨されています。

約4万人を対象とした比較試験で、帯状疱疹の発症を半減でき、帯状疱疹後神経痛も65%下げることができることが分かったのです。

 

国内でも帯状疱疹に詳しい一部の医療機関に相談すれば、

1万円前後で水ぼうそうワクチンを打ってもらうことは可能です。

 

「ワクチン後進国」とやゆされる日本で、主に高齢者を対象にした予防接種はインフルエンザと肺炎ぐらいしかありません。

欧米のように帯状疱疹もワクチン接種の対象にすべきだとする声はまだ小さい。

 

ただ、山西理事長は「帯状疱疹の治療費は結構高い。小豆島研究できちんとした科学的データを集め、ワクチン接種の是非を議論していきたい」と話されています。