不幸なんてやっつけろ!

誰でも幸せになれる方法があるんですか?っていうとあるんだよ。
「どうしたら幸せになれますか」というと、「今が最高に幸せ」と考える。そうすると幸せの波動になる。
 じゃあ、どうやったら「今が幸せ」と思えるかというと「いやあ、今日はいろんな人に会えて幸せだ」とか、「今日も働けて幸せだ」とか、「今日も、酒が飲めて幸せだ」とか、今の幸せをめちゃくちゃ数え上げるんだ。「今日もごはんが食べられた」「今日もうんこが出た」とか、とにかく今あることを幸せだと思う。それを続けていくと、幸せ波動になって顔が違ってくるの。人相が変わってくる。
 幸せというのは、待っててくるものじゃない。自分から幸せになえなくちゃいけない。
 幸せとは気づくものなの。だれかが来て幸せにしてくれるものじゃないの。
 幸せになるコツというのは、「こうなったら幸せ」「ああなったら幸せ」じゃないの。まずは、今の現状を何も変えずに、幸せと思うこと。
 たとえば、幸せな結婚をしたいなら、今が幸せと思うことなの。女の人が「1人でも幸せだ」と思っていると、必ず幸せな男が出てくる。「幸せにしてほしい」と思っていると、「幸せにしてほしい」と思っている男を呼び寄せる。この2人が一緒になると、最初はいいけどいずれは血みどろの戦いになっちゃう。
 それが「1人でも幸せだ」と思うと、1人でも幸せな男が寄ってきて、幸せ同志が一緒になって、さらに幸せになる。 不幸同士が一緒になると、不幸が2倍になる。不幸+不幸はダブル不幸だよ。学校で足し算を習っただろう。

 不幸同士が一緒になって、なんで幸せになれるんだ、と思わなくちゃいけない。
 幸せとは「もの」じゃないの。幸せとは感じることなんだよ。「ここにみかんがあってよかったな」「ここにコーヒーがあってよかったな」とか。

  黙って食っていると、ただのみかんなんだよ。「ありがたいみかんだな」と言うと、こればありがたいみかんになる。幸せを感じられる感性を養うことが大切なんだ。
道端に咲いている花を見て、「きれいだなあ、幸せだなあ」とかね。「ごはんおいしいな」とか、そういう思い方や感性をどんどん磨いていくと、なんでもないいつもの料理も感謝して食べられるようになる。それが幸せのコツなんだ。人生って、なんでもコツがあるの。幸せになりたいとき、何かを変えちゃいけないの。
現状を変えようとしちゃいけないの。
 人生は、現状のまま幸せになるゲームだと思えばいいんだ。そうすると現状が変わってくる。現状を変えないで幸せになるゲームを始めると、たちまち幸せになってくる。これが神の摂理なんだよ。
「幸せ、幸せ」って言っていると不幸なんか簡単にやっつけられるよ。

                  斎藤一人