秋の食材 健康トクトク情報

体脂肪も体重も気になるところですが、
食欲の秋ともなれば、やはりおいしいモノの誘惑が・・・
秋のおいしいモノの栄養や特色を知って、旬の食材を極めましょう!

 

サンマ~全部食べるのがイチバン
【栄養】
サンマの栄養で特筆すべきはタンパク質。牛肉やチーズより質が優れている。
脂肪の多価飽和脂肪酸の中で、EPAには血栓防止効果、DHAは脳に働き学習能力を
高める効果がある。貧血にも効果のあるビタミンB2、苦めの腹わたにはビタミンAも
豊富に含まれている。
【効能】
サンマは胃腸を温め、疲労を取り元気を出してくれる。まさに夏に疲れた体を
回復するにはうってつけ。また上記のEPA、DHAは成人病の予防やぼけ防止に
効果がある。
【おすすめ調理法】
焼いたおいしさは捨てがたいが、丸ごと食べるのには
炊き込みゴハンや、煮るのもよい。

 

 

ナス~血液に効く!?
【栄養】
ナスは秋になると皮は柔らかく、実が引き締まりおいしくなる。
ナスは94%が水分で、他に食物繊維や糖質が主である。
【効能】
中国ではナスは体の熱を冷ます、血液の滞り(とどこおり)をなくす、
はれを取るなどの効果があると言われ、腹痛や下痢、関節炎、口内炎、内痔などの治療に
用いられてきた。これらはルチン、エルセチンといった成分の働きであることが
最近解ってきた。血管の柔軟性を保つ、出血の防止などその効果が次第に注目されてきている。
【おすすめ調理法】
ナスは油の吸収率が良く、また油と一緒にすると血中コレステロールを抑制する
働きが高まるという説もある。油炒めやしぎ焼きなどがオススメ。
またナスは体を冷やす効果も高いので、緩和のためにも熱して食べるのがよい。

 

ぎんなん~ファイト一発の素!?
【栄養】
注目すべき栄養素はコレステロールを減らすレシチンと良質タンパク質、
血圧を調整する効果のあるカリウムも多く含まれている。
【効能】
ぎんなん(イチョウ)は非常に生命力の強い植物ゆえに、昔から滋養強壮の効果があると
言われてきた。元気がないときに体に元気を復活させ、咳止めなどの漢方薬の
主原料にもなっている。
【おすすめ調理法】
ぎんなんは生で食べると中毒を起こしたり、また子供が大量に食べるのもダメ。
大人もあまり一度に大量に食べずに、焼いたものを1串とか、炊き込み御飯や
茶碗蒸しに入っているのを食べるのが良いだろう。

 

さつま芋~ヘビースモーカーはたくさん食べよう!
【栄養】
熱に強いビタミンCが豊富。またビタミンEは玄米の2倍、コレステロールに強い
食物繊維も多い。
【効能】
さつま芋は消化器系の働きを高めて、胃腸を丈夫に体を元気にする。気力のないとき、
ストレスのために食欲がないときも有効だ。また最近のアメリカの研究で
さつま芋のベータカロチンやプロテアーゼ阻害物質が肺ガンの予防に役立つことがわかった。
【おすすめ調理法】
栄養を丸ごと食べるには焼くこと。焼き芋は最高ということだ。
また煮るときにショウガを加えれば消化器系の強化に、レモンを加えると
消化器の機能が高まる。

 

栗~ストップ!渋皮むき!
【栄養】
栗はデンプン、ビタミンB1、Cを多く含んでいる。また渋皮に含まれるタンニンは
抗ガン物質として最近、脚光を浴び始めている。
【効能】
栗は筋肉や骨を丈夫にする働きがあると言われ、胃腸を丈夫にし、血液の流れを良くする
働きもある。足腰に自信がなくなってきたら、密かに毎日1、2粒栗を食べて見よう。
【おすすめ調理法】
せっかくの渋皮をむいてしまうのはもったいない。是非、渋皮煮がオススメ。
またお手軽おやつにはスナック菓子より甘栗がいいのでは・・・。

 

柿~飲み会の前に食べよう!
【栄養】
柿にはビタミンCが多く、大きめのモノ1個には1日に必要なビタミンCがとれる。
またビタミンAや食物繊維ペクチンやカリウムの働きで動脈硬化や高血圧の防止にも効く。
【効能】
酒の酔いざましに効果のあるのは知られたところ。しかし実は飲酒の前に
食べておく方が効果が高い。
【おすすめ調理法】
生食が多いが、柿は消化があまり良くない上に、体を冷やす作用も強いので
胃腸が冷えやすい人・病後の人はたくさん食べるのは禁物。疲れや、飲み過ぎ、
運動の後で体が火照ったときは酢の物が良い。体内の余分な熱を冷まし(柿・キュウリ)、
肝臓の解毒作用を高め(柿)、ミネラル(ワカメ)豊富と三拍子揃った組み合わせで酢の物を。
また柿の葉はビタミンCが多く、利尿効果、新陳代謝の促進、高血圧に効果的。
むくみや血圧の気になる人は是非、柿の葉茶がオススメ。