”老いと病気”区別できていますか?

 

皆さんは、”老いと病気”しっかりと区別出来てますでしょうか?

「老化」とは正常な自然現象であり

「病気」とは異常現象です。

 

当たり前のことですが、この当たり前のルールが崩れつつあるのではないでしょうか・・・・

 

病院は老人の健康状態をしっかり管理して、少しでも症状らしきものが見つかると「○○病」と病名をつけ、湿布薬や抗うつ剤などを処方します。

 

処方された通りに多量の薬を飲み続け、その副作用を抑えるためにまた別の薬を飲む。

 

その一方で「老人対策など他人事」と悟った上で病院通いをしながらも「今更、医者に何を言っても・・・・」と割り切って上手に病院とお付き合いをしてる老人もいます。

 

そんな方達は、処方された薬をありがたく受取りながら、自分の経験や体調と相談して必要なものだけを服用し、残りはすべてごみ箱に捨ててしまいます。

 

こんなタイプのご老人もあなたのお近くに1人や2人はおられるのではないでしょうか?

 

老化は正常な現象であり、病気は異常現象です

老化を抑える方法はただひとつ、養生だけではないでしょうか?