間違いだらけの健康常識

 

マスクで風邪予防はできない

           はウソ

風邪の予防といえば、うがい・手洗いのほかに、

マスクもあります。

マスクの「網目」はウイルスを簡単に通してしまう。

だから、つけても意味がない。

そんなことがよく言われますが、一方で

”風邪を人にうつさない効果はある”と言われます。

実際のところはどうなのでしょうか?

 

ウイルスがマスクの網目を通過するのは事実です。

風邪の原因のほとんどはウイルスで、

現在発見されているウイルスのうち、風邪を引き起こすと確認されているのは100種類ほどあります。

大きさは種類によってまちまちですが、ウイルスがだいたいサッカーボールほどの大きさだとすれば、マスクの網目はサッカーコートほどもあります。

 

最近は、高密度素材のフィルターがついたマスクがありますが、これをしてもウイルスをブロックすることはできません。

ウイルスは大きいものでも1ミリの1万分の1、

小さいものでは1ミリの10万分の1ほどなのです。

これほど小さな”敵”を完全にブロックするのは不可能なのです。

 

だとしたらマスクをしても無駄なのかというと、無駄ではありません。

マスクはウイルスを通しますが”風邪を予防する効果”は

あるのです。

 

マスクを通して吸った空気は、そうでない空気と比べて、

暖かく、湿っています。

”暖かくて湿った空気”が送り込まれているとき、鼻や喉にある免疫器官は正常に働きます。

逆に、乾燥した空気、冷たい空気が送り込まれてくると、

免疫器官の働きは鈍くなります。

つまりマスクには、免疫器官の活動を助ける効果があるのです。

 

ウイルスは低温で乾燥した環境を好みます。

高温多湿だと、増殖力は弱くなります。

その意味でも、マスクは風邪予防になります。

マスクさえしていれば風邪にならない!とはいえませんが

予防効果があるのは事実。

冬場の外出時はできるだけマスクを着用しましょう。

 

ただし、マスクに”人にうつさない効果”はありません。

風邪をひいている人がゴホゴホと咳き込めば、

マスクの有無にかかわらず、周りにウイルスが散らばります。

 

人にうつさない方法”はただひとつ

             外出しないことです。

 

 


上記についてアドバイスを希望していませんか?
まずはワンコイン相談にてお気軽にご相談下さい。